赤ちゃんに関するサイトです

menu

赤ちゃんの成長.jp

赤ちゃんが鼻づまりで夜咳が出ます!風邪ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃんが鼻づまりで夜咳が出ます!風邪ですか?

赤ちゃんの鼻づまりと咳がひどい(._.)
 

特に夜中に赤ちゃんが咳をしていると全然寝れないし心配なんですよね。1度咳が出始めるとなかなか治まらなくて赤ちゃんも苦しそうなんですよ・・・。
 

あまりに咳き込んで吐いちゃうなんてこともよくあります。赤ちゃんが吐いちゃうと着替えや片付け洗濯などでママは寝るヒマもありません( ;∀;)
 

うちの子も以前、鼻づまりや咳が酷くて夜中はずーっと眠れませんでした。そこで今回は赤ちゃんの鼻づまりと咳についてまとめました!


スポンサードリンク

1.咳のメカニズム

どうしてこんなに咳が出るの( ゚Д゚)?
 

赤ちゃんが鼻づまりでフガフガ言ってるし咳も止まらないとママも不安になっちゃいますよね。そもそも赤ちゃんの咳はどうして出てしまうんでしょうか?
 

咳が出る理由

風邪をひいても鼻づまりや咳が出ないこともありますよね(^o^)
特に赤ちゃんの咳が出るのは主に2つの理由が考えられます。
 

・鼻水や痰
・防御反応

 

赤ちゃんは鼻水や痰を上手に出すことができません( ;∀;)
そのせいで鼻の奥で鼻水や痰は固まってしまうことがよくあります。
 

これが鼻づまりの原因にもなっています。
 

そして排出されない鼻水や痰が喉に下がってくることで炎症を起こして咳の出る刺激となっているんです。
 

また、赤ちゃんの鼻づまりが起きると余計に鼻水や痰が排出できなくて咳を悪化させているんですよ(@_@;)
 

そして、通常であれば喉の粘膜にある繊毛がウイルスや細菌を体の異物と判断して排出してくれています。
 

しかし鼻づまりなどで喉が乾燥していると繊毛の働きが悪くなります。
 

そのため繊毛の代わりにウイルスや細菌を排出しようとして咳が出てしまうんですよ。
 

この、ウイルスや細菌から体を守る咳は防御反応の1つなんです(/・ω・)/
 

咳の種類

赤ちゃんの咳には2種類の咳があります!お医者さんはこの咳の種類を診断のヒントにしています(‘ω’)ノ
 

・乾性咳嗽
・湿性咳嗽

 

乾性咳嗽とは、コンコンという乾いた音の出る咳のことです。痰なども含まれず喉の痛そうな咳ですよ。
 

湿性咳嗽とは、ゴホンゴホンという湿った音の出る咳のことです。痰や水分の含んだ音の咳で1度出始めるとなかなか止まらない事がよくあります。

スポンサードリンク

2.鼻づまりと咳で考えられる病気

赤ちゃんの咳が止まらない(゚Д゚;)
 

夜中や朝方に何度も咳き込む赤ちゃんはとーっても辛そうなんですよね。あまりに咳が続くと、赤ちゃんは吐くことも多々あります・・・。
 

鼻づまりと咳で考えられる病気とはどんなものがあるんでしょうか。
 

風邪の咳

一般的に赤ちゃんの鼻づまりと咳はよくある風邪の症状に見られます。また風邪の場合は、乾性・湿性両方の咳が出ることもありますよ。
 

主に鼻からウイルスに感染して約3日で鼻水や鼻づまりになります。して鼻の症状が出てからその後に咳が出始める場合がほとんどなんです。
 

その他には、発熱や下痢などの症状が出ることもありますよ(・・;)比較的、風邪の治りと共に鼻づまりと咳も落ち着いてきます。
 

副鼻腔炎の咳

副鼻腔炎とはウイルスや細菌の感染が原因と言われています。また、アレルギーがきっかけとなることもあるんです(゚д゚)!
 

これらの原因が副鼻腔の粘膜に炎症を起こして起きる病気です。この炎症は鼻腔と副鼻腔を塞いでしまいます。
 

そのため鼻がつまり喉の奥に鼻水が流れ込んで咳が出るんです。その他には、目やにや顔面痛などの症状が表れることもありますよ(T_T)
 

風邪と同時に発症することもよくあり治るまでに時間もかかるので早めに病院へ受診することをおすすめします。
 

しかし!!副鼻腔炎の場合は小児科より耳鼻科を受診する方が安心ですよ。
 

耳鼻科でも風邪の薬をもらえるし鼻水を取るなどの小児科ではできない処置もしてもらえちゃいます(*^^*)
 

マイコプラズマ肺炎

かつては4年ごとに流行することからオリンピック病とも呼ばれていました。ですが近年は、毎年子供を中心に発症者が増えてきている病気です(;O;)
 

これはマイコプラズマ細菌に感染することで発症します。症状は風邪とよく似ていますが咳が長引くのが特徴なんですよ!
 

またその咳は、初めは乾性で徐々に湿性に変わり痰もからみます。自然治癒するのは難しいので病院での治療が必要なんです(*_*)

スポンサードリンク

3.こんな咳は緊急事態!!

赤ちゃんの咳が変っ(; ・`д・´)
 

赤ちゃんの咳で特に気をつけたい2つの病気があるんですよ!!これらは放っておくと赤ちゃんを命の危機にさらしかねません(;´Д`)
 

クループ症候群

クループ症候群に見られるクループ咳は喉頭が炎症を起こして腫れて出る咳です。
 

主な特徴は、

・ケンケン咳
・声のかすれ
・いびき

などがあります。
 

まずは風邪症状から始まるのでクループ症候群と気づくまでに時間がかかることもあります。
 

鼻づまりに加えて、咳は犬やオットセイの鳴くような声に似ていて独特な咳がでますよ(・・;)
 

喉頭に炎症が起きると呼吸がしにくくなりとても激しい咳が出てしまうんです。息を吐いたり吸う時にも変な音がしたり酷い時には呼吸困難にもなります。
 

また、咳と同時に喉頭の炎症から赤ちゃんの声はかすれてしまいます。
 

そして咳は夜間に酷くなることが多く鼻もつまるので大人以上に大音量のいびきをかくんですよ(゚д゚)!
 

夜間の咳き込みは呼吸困難からチアノーゼを起こしやすく緊急事態なんです!!救急車を呼んでもいいので大至急病院へ行きましょう。
 

百日咳

百日咳は、百日咳菌という細菌に感染して起こる病気なんです。また、百日咳は1歳未満の赤ちゃんの感染が多く見られます。
 

百日咳も風邪や副鼻腔炎と症状が似ていてなかなか判断できず悪化するケースもよくあるんです(;_:)
 

主な特徴は、

・スタッカート咳
・フーピング

などがあります。
 

スタッカート咳エホエホという短い間隔で連続的な咳のことです。そしてフーピングとは息をする時にヒューという音がすることです。
 

百日咳の怖さは、呼吸困難やチアノーゼの他様々な合併症を起こしやすいことです!!
 

その中でも、肺炎や脳症を併発すると赤ちゃんは危篤状態に陥ることも(;´Д`)
 

しかし現在は、四種混合の予防接種を受けることで防ぐこともできるんです。とっても大切な予防接種なので早めに受けさせてあげましょうね(^O^)/
 

赤ちゃんの鼻づまりと咳のまとめ

風邪だけが原因じゃないんです!!
 

赤ちゃんの鼻づまりと咳はただの風邪ばかりではないんですよ。
 

うちの子の咳が酷い時に耳鼻科でクループ症候群と診断されて入院の一歩手前と言われました(゚Д゚;)
 

いち早く赤ちゃんの異変を察知する為にママは赤ちゃんの咳や呼吸の音にも気を配ってみてくださいね!!
 

ちなみに、赤ちゃんの咳は1度の咳で2Kcalも消費しているんです(;’∀’)
 

それだけ赤ちゃんの咳は体力消耗させるものです。ただの風邪だと判断せずに是非1度耳鼻科への受診をオススメしますよ♪


スポンサードリンク


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/news-speed/xn--h9j0a0d2cw236amlwct2l.jp/public_html/wp-content/themes/chill_tcd016/single.php:57 Stack trace: #0 /home/news-speed/xn--h9j0a0d2cw236amlwct2l.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(74): include() #1 /home/news-speed/xn--h9j0a0d2cw236amlwct2l.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/news-spee...') #2 /home/news-speed/xn--h9j0a0d2cw236amlwct2l.jp/public_html/index.php(17): require('/home/news-spee...') #3 {main} thrown in /home/news-speed/xn--h9j0a0d2cw236amlwct2l.jp/public_html/wp-content/themes/chill_tcd016/single.php on line 57